ダイエット 肉割れ

なぜダイエットをすると肉割れができるのか

 

ダイエットをして体重を少し減らした。
でも、ダイエットをすると肉割れが出来る人が多いみたい。

 

なぜ体重が痩せたのに肉割れ線ができてしまうのだろうと思っていませんか?

 

肉割れは急激な体重の増加等で皮膚の奥の真皮が伸縮の早さに耐え切れずに裂けてできます。

 

しかし、体重が増加するだけが原因ではありません。
それとは逆にダイエットする事で皮膚の内部の脂肪が燃焼され減り、真a皮も急速に縮んでしまうことによって肉割れができるのですね。

 

また、元々あった肉割れが脂肪が減ってお肉の量が減ることで目立つようになると言う事もあります。

 

ダイエットする事で太って伸びた皮膚が縮まりますが、リバウンドなどで体重の変化が
あると皮膚の伸縮に耐え切れず裂けて肉割れになりやすくなります。

 

また、ダイエット中に急激な運動をすると身体に筋肉が付きそれが肥大化していくので、真皮の伸縮がまにあわずに裂けることで肉割れが出来ます。

 

ダイエット中に急激な運動はしないようにして、ジョギングやウォーキング等の軽い運動から、身体を慣らして少しずつ運動を増やしていくようにしましょう。
そうする事で急激に筋肉がついたり肥大化することも防げて肉割れが出来にくくなります。

 

急激なダイエットはせずに日にちをかけて緩やかに体重を落としていく事が、肉割れ予防には必用となります。

 

ダイエット中の肉割れ予防方法

 

ダイエット中に肉割れが出来るのは短期間で?せようと無理な食事制限をする人が多いです。

 

無理な食事制限をすると急激に?せたりして、皮膚の真皮が伸縮についていけなくなり裂け肉割れをおこします。
また、急激に?せその後リバウンドすることにもよって、体重が増え、肉割れができやすくもなります。

 

食事制限をすることがいけないのではありません。
無理な食事制限をすることで急激に痩せてしまうことが良くないのです。

 

また、ダイエット中は水分を控える人もいますが良くありません。

 

水分を控える事で体の中の水分も減り乾燥した肌で皮膚に弾力がなくなり、伸縮性が弱まって裂ける事になるので適度に水分を取るのも大事です。

 

皮膚の真皮が一度裂けてしまうとどんなにケアをしても元の状態に戻ることはできません。

 

ケアをする事で肉割れ線が薄く見えずらくすることはできます。
しかし、裂けた真皮が元の状態につながってきてる訳ではありません。

 

そのため、薄っすらと一生残ってしまうことも多いです。

 

ダイエット中に肉割れを予防するのなら、痩せる事を急がずゆっくりと日にちをかけて、適度な運動で体重を少しずつ落としていく事です。
また、身体にクリームを塗ることで保湿ができ皮膚が潤い伸縮性も良くなって、肉割れ予防になります。

 

一度できた肉割れは簡単に消すことが出来ないので注意をしましょう。
ダイエットする時は専用のクリームを塗って少しずつ体重を落とせば予防することが可能となります。

 

 

2016/08/04 00:22:04 |
肉割れと妊娠線は症状は似ているのに呼び方が違うのは何でだろう?それは出来た過程が異なるだけで基本的には同じです。その過程によって呼び方が異なりますが、ケアの仕方やクリームの種類も全く同じとなってきます。肉割れと妊娠線の違い急激な肥満や激しい運動のやりすぎなどで筋肉が付きそれが肥大化して、皮膚が引っ張られ肌の奥にある真皮のコラーゲン繊維や皮下組織が断裂しておきる肉割れ。又急激なダイエットなどで脂肪が燃焼され皮膚の伸縮がついていけずに、肌の真皮が裂けて出来るのが肉割れです。妊娠線はお腹が妊娠した事で中期から後期にかけて急激に大きくなり皮下脂肪が増えることで、皮膚の真皮が伸縮についていけずに起こりま...
詳細を見る
2016/08/04 00:16:04 |
肉割れの症状肉割れはお腹、お尻、太もも等脂肪がたまりやすい所に出来やすいです。痛みを感じることがあまり無いので、気づいた時はすでに線が入っていたと言う人が多いです。肉割れは出来たばかりと日にちが過ぎてからは症状が変ります。見た目は出来た部位と過ぎた日数でも変りますが、皮膚の表面がデコボコになり、小さな線が数多く出来る人もいれば太い線が数本出来る人もいます。初期症状は赤くミミズがはった状態に見えます。しかし、日にちが過ぎてくると赤かった線が変化して白い線になってきます。太ったり、ぶつけて皮膚に傷をつけた訳でもないのに赤い線や白い線が肌から消えずに、いつまでも残っている場合は肉割れになってる可能性...
詳細を見る