肉割れ 原因

肉割れは原因を理解し、予防することで消す

 

肉割れを消したいのであれば、正しい原因について理解する必要があります。

 

肉割れの原因を解消できなければ、いくらケアをしたとしても更に増える要素が解消できていないので意味がありません。効き目が弱くなってしまうどころか、悪化してしまうこともあるのですね。

 

そのため、正しい原因を理解することが、肉割れを消すことに一歩近づきます。

 

肉割れを消したいのであれば、予防を行えば問題ありません。

 

予防と消すは違うだろと思うかも知れませんが、そうではありません。

 

予防さえしていれば、肌の働きによって断裂してしまっいガタガタとなって皮膚を整えてくれます。奥にある真皮までは再生はできませんが、表皮細胞は常にからだの中で作られているので、切れ目を塞いでくれます。

 

肉割れができる原因

 

肉割れの原因は大きく分けて3つあります。

 

  1. 成長期
  2. 妊娠をした時
  3. 急激に太ったとき

 

肉割れができてしまう根本的な原因は皮膚が断裂をしてしまうことです。太れば脂肪によってからだのサイズが大きくなります。また、妊娠をすれば胎児がお腹に入るので、お腹は膨らんでしまいます。

 

しかし、皮膚はすぐに大きくなることはないので、破裂するように断裂をしてしまうのですね。
そして、その切れ目が肉割れの赤い線や白い線となってしまうのです。

 

成長期

 

成長期は代謝も活発になり、身長や体重の変化がおこります。その為、皮膚の表皮が伸び縮みをします。

 

でも表皮よりもっと奥にある真皮は、皮膚の張りを保つ役目があるので伸縮が弱く耐え切れずに
裂けてしまいそこが線になって肉割れになります。

 

成長期にできた肉割れはストレッチマークとも言います。

 

妊娠したとき

 

妊娠すると日をおうごとにお腹周りが大きくなってきます。大きくなることで皮膚の真皮が膨張し
傷付き肉割れになります。

 

妊娠中の肉割れは妊娠線とも言います。

 

急激に太ったとき

 

体重が急激に増えたり、肥満により脂肪が付いてしまい皮膚が引っ張られ伸縮に弱い真皮が
裂け皮膚が痛み赤や白い線が現れ肉割れになります。

 

肉割れができるのは肥満や妊娠などで身体に急な変化がおき、肌の奥の真皮が伸縮性に弱い為、
引っ張られる事に耐えられずに裂け、そこが溝みたいになりできます。

 

肉割れの予防方法

 

肉割れは、脂肪が付きやすいお腹、お尻、太もも等にできやすく、いつの間にかできていたという場合が多く有ります。

 

肉割れは、できてからは消そうと思ってもなかなか消せません。
その為、出来ないように予防することが大事です。

 

肌の乾燥を防ぐ

 

肌が乾燥すると水分量が減り真皮の伸縮が弱まり裂けやすくなります。

 

また乾燥することで肌のターンオーバーが遅れ傷付いた皮膚がいつまでも新しい皮膚に生まれ変われず裂ける事になります。

 

肌の乾燥を防ぐためには、保湿が重要になります。

 

クリームでしっかり保湿をする事でターンオーバーの促進を高め、肌の奥の真皮も潤い裂ける予防になります。

 

運動で予防

 

激しい運動は逆効果になり真皮に負担がかかって裂ける事があります。

 

ウオーキングやジョギング等は有酸素運動で血行をよくする効果があり、また代謝にもよく脂肪も燃焼するのでダイエットにもなります。

 

肉割れが出来なくする為の予防で一番大切なことは、肌の乾燥を防ぎ常に保湿で皮膚の奥にある真皮まで潤いをもたせることです。

 

枝木なども乾燥するともろくなり裂けやすくなりますが、水分を保っていれば弾力があり裂けにくくなります。

 

肌の皮膚も枝木のように保湿を十分にしていれば水分で潤い裂けにくくなります。

 

肉割れの原因と予防のまとめ

 

肉割れはスキンケアをしていない部分に起きることが多いです。

 

顔のスキンケアをしている人はほとんどだとは思いますが、ボディケアをしている人は多くありません。そのため、乾燥をすることが多く弾力が失われてしまっています。

 

肉割れを未然に防ぐ為に大事なことは保湿をして弾力を高めることです。
また、すでにある肉割れケアにもターンオーバーを促進させ、肌を整える効果も期待できるので有効な方法となります。

 

予防を行うことは肉割れを消すことにも繋がるのです。